美を追求する情報を掲載しています

綺麗美

Uncategorized

脇を白くする方法

投稿日:

どのように女性は脇を白くしているか女性に生の声をアンケートしてみました!

脇を白くする方法

肌を白くする方法

顔と同じように手入れする

脇を白くするには、顔と同じように手入れをすることをおすすめします。

お風呂で洗う、そして化粧水、保湿クリームを塗ります。

かなり時間はかかりますが、少しずつ白くなっていくと思います。

洗うのは、顔と同じように洗顔用の「美白効果」のあるものを使います。

洗うときは、洗顔と同じように泡で洗います。

手やボディタオルはこすれた刺激で悪化してしまうかもしれないので注意です。

そしてお風呂から出たら化粧水、保湿クリームも塗ります。これも美白効果のあるものを使います。

普段の生活でも脇はこすれることが多いので、黒ずんでしまったりしてしまいますよね。

剃刀で毛を剃ることも、刺激で黒住の原因になりますので、必要最低限にしてみてください。

脇も顔も肌には変わりない

とっても単純なのですが、スキンケアは脇も顔と一緒!同じ皮膚には変わりないと思いますので、私はコットンに美白用の化粧水を含ませ、お風呂上がりに寝そべり、万歳をして脇に貼ります。いわゆる脇にも顔と一緒でパックをします。

ムダ毛の処理を自分でしてしまっているので どうしても皮膚に刺激を与えてしまっているのでしょう。脱毛で受けた刺激でプツプツとした黒ずみがありましたが、自己流の対策ではありますが顔にもしているこのケア方法である程度の改善は見られていると実感しています。

美白用の美容クリームやシミ対策のクリームを塗るのもいいのでしょうが、私はベタベタするのが苦手なので化粧水でケアするようにしています。あくまでも使い心地の好みなのでクリームの方が効果があるかも知れません。

脇の下を白くするためにした事は薬を使うこと

私は脇の下が黒ずんでいるのが悩みでした。薬局で脇の下の黒ずみが治る薬を見たら塗り薬がいくつか売っていてリーズナブルな価格の薬を買ってみる事にしました。塗り薬を1日2回塗るという事でしたが私は1日3回塗ってみる事にしました。すると黒ずんでいた脇の下が段々元の色になってきてくれて凄く嬉しかったです。

今もずっと3回塗り続けていますが白さが増してきてくれて綺麗な脇の下になってきてくれました。脇の下のケアはベトベトするし最初は嫌だなと思いながらしていましたがそれでも続ける事でこんなにも効果が出るものなんだなと思いました。塗り薬よりスプレータイプを買って使ってみた方が良かったかなと思いました。今はこの結果に満足をしています。

ワキの黒ずみをなくし白くするケア方法

脇のムダ毛を処理すると、黒ずんでしまったり、炎症を起こしてしまい、脇を白く保つにはどうケアすればいいか悩んでしまいます。

脇を白くする方法は、ムダ毛処理後のケアを怠らないことがいちばんです。

ムダ毛を処理する時に動いてしまう、人のなかにあるメラノサイトを動かさないように、ムダ毛を処理した後、刺激や炎症を起こさないようにしたいものです。

そのためには、ムダ毛処理後、タオルを冷たくして、炎症を抑えてみます。

その後、保湿クリームを使用してみるのが脇を白くする方法のひとつとなりますが、そのクリームを選ぶ時は、アルコールフリーのものを選びます。

肌の角質をなくし、ワキの下を白くするには、水分を充分に補給したり、汗をこまめに拭いたり、半身浴をしてみます。

そして、食生活の改善を試みます。

食品の改善をしながら、ムダ毛の処理後のケアをしっかりとすると、ワキの黒ずみがなくなり、肌が白くなっていくことを常に心がけることが大事です。

お肌のために4つの栄養素が大事

脇の黒ずみは、メラニン色素の沈着が原因の1つに挙げられます。ですので、このメラニン色素の沈着を防ぐために、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンB6を取ることをお勧めします。例を挙げると、ビタミンCはレモン、ビタミンAはニンジン、ビタミンB6はほうれん草に多く含まれています。

お肌のターンオーバーが活発になることで、健康的な色が取り戻されます。そして、黒ずみが解消されたり、黒ずみの予防にもなるのです。

他にも、お肌のターンオーバーを活性化してくれる栄養素といえば、コラーゲンが挙げられます。コラーゲンは、お肌に潤いを与えてくれる栄養素です。

これらの栄養素は、食事から摂取することが望ましいですが、なかなか難しいという方はさぷりめあから摂取することもおススメです。

普段からのお手入れのついでに!

美容に詳しい友人から聞いたのですが、洗顔料で一緒に洗うと白くなりやすいとの事でした。洗顔料には肌の代謝を上げる成分が入っているので、そのままにしておいたりボディソープで洗うよりも代謝が上がる為、肌が生まれ変わる周期が早まるとの事でした。後は、毛の処理方法さえ良ければ白くなると思います。

カミソリや毛抜きで処理をするとどうしても肌に刺激を与えてしまい、硬くなり黒くなりやすいです。脇の毛の処理は、自分でもしやすい場所なので手を出してしまいやすいですが、脱毛サロンなどを利用する事をお勧めします。

脱毛サロンだと保湿もきっちりしてもらえますし、オプションで肌を白くする成分が入った保湿も行なってもらえます。お金はかかりますが、綺麗になれるので払う価値はあると思います。

たくさんの潤いを与えて肌のターンオーバーのサイクルを整えること

脇の下が黒ずんでしまう理由として、大半の人が「脇のムダ毛処理」が原因となっています。

ムダ毛処理は、肌にとても大きなダメージを与える行為です。

脇の下の皮膚は、薄くてデリケ-トであるため、カミソリを充てることはとても大きな刺激となります。

また、過度のなムダ毛処理の繰り返しで、ダメージを受けた肌にメラニンを蓄えた古い角質が蓄積していくため、さらに脇が黒くなっていきます。

また、除毛クリームや制汗剤の多用は要注意です。

毛穴に詰まってぶつぶつになったりします。

脇は摩擦を受け、ムレやすく、そして乾燥しやすい部位です。

脇を白くするには、たくさんの潤いを与えて肌のターンオーバーのサイクルを整えることが重要です。

私は脇脱毛と並行して、脇専用クリームでのケアもしました。

合成香料、着色料、シリコン 無添加で美容成分が凝縮されているジェルクリームを毎日朝、晩の2回塗り続けました。

私の場合は脇脱毛と並行して使用してきましたが、きっと効果は感じられると思います。

脇は保湿&美白ケアをすべき部位だということをしり、早い段階からムダ毛の正しい処理方法と脇の保湿を習慣すべきだったと反省してます。

永久脱毛でいつの間にか白い脇

脇の黒ずみは私の体の悩みでした。

きちんと自己処理していても、写真などを見返すとなんとなく黒ずんでいて気軽に海など行けたものではありませんでした。

そんなときに医療脱毛を友人から勧められ脇の永久脱毛をすることになりました。

すると毛がみるみる細く薄くなるため、自己処理でも黒ずみが気にならなくなりました。

結局黒ずみの原因は自己処理によって脇毛の根元が埋没してしまい、それを繰り返すことで色素沈着してしまったからでした。

なので根本的に脇毛そのものを薄くしていくことで黒ずみも気にならなくなったという訳です。

脱毛後は保湿をするように言われたこともあり、普段は脇に保湿クリームを塗ることはありませんでしたが日常的に脇のアフターケアにも気を付けるようになりました。

このことも黒ずみ対策につながったのだと思います。

自己処理で黒ずんだ脇を白くするには保湿クリームを毎晩塗り込む

自己処理で剃刀負けで黒くなってしまった脇には、黒くなってしまい、ボツボツと皮膚も荒れてしまってます。

赤くただれてしまったから、黒く変化した脇を角質落としでケアしても治らないです。

そこを解決するには、脱毛エステに通って、光レーザーなどでしっかり脱毛して、肌を保湿するのがめちゃくちゃ白くなります。

ホワイトニング効果がある保湿クリームを毎晩塗り込むと自然と皮膚の汚れもとれて、綺麗で白くなり、肌が整ってきました。

実際に私がやって実感してます。もう二度と治らないと思ってた脇の黒ずみが白くなりました。

保湿クリームでしっかりと肌を温めて、綺麗にするのが良いってことだと思います。常に清潔にすることも大切です。

無駄な刺激を無くし、しっかりケアで手に入れる美膝

短いスカートを履いたときなど、やはり、膝の状態は気になるものです。

どうせ出すのであれば、黒ずんでガサガサの膝より、白く滑らかな膝が良いですよね。

美しい膝を目指すには、まず日常生活の中でやりがちな、膝を黒くしてしまうNG習慣を無くしましょう。

最近はスキニー等のぴったりとした締め付けのきついパンツを履く人が多いですが、このような衣服を着た状態でしゃがむと、膝の部分に更なる圧がかかり、生地との摩擦も起きます。

室内などで膝立をしたりすることでも、床面との擦れや刺激が加わります。

こうした圧迫や摩擦が肌への刺激になり、黒ずむ原因になってしまうので、注意が必要です。

また脚の他部位よりそうした刺激にさらされることが多い膝は、特に乾燥しがちでもあります。

この乾燥を放っておくと、ガサガサになって黒ずんでしまいますので、お顔同様にしっかりとした保湿ケアをしましょう。

週に1、2回のオイルパックもオススメです。

お風呂上がりなど身体が温かい内に、膝に美容オイル等を塗り、ラップを巻いてその上から蒸しタオルを被せます。

5分ほど放置した後、ティッシュなどで押さえるように優しく余分なオイルを取り除き、手で膝を包み込むように馴染ませると、お肌がしっとり柔らかくなります。

その際に、ティッシュや手で擦らないよう注意しましょう。

それでもなかなか改善されない場合には、膝専用のクリーム等が色々と販売されていますので、そういった製品を活用するのも良いですね。

常日頃から無駄な刺激に気を付けつつ、素敵な膝を目指しましょう。

-Uncategorized

Copyright© 綺麗美 , 2019 All Rights Reserved.