美を追求する情報を掲載しています

綺麗美

妊娠中

妊婦が食べてはいけないものをクラウドワークスのアンケートで聞きました

投稿日:

妊婦が食べてはいけないもの

妊娠されている方が食事をとられる方への注意点

ビタミン類の過剰摂取に気を付けてください。特に脂溶性ビタミン類です。脂溶性と書いてあります通り、一度摂取すると体外に排出されるのに水溶性ビタミンより時間が長くなります。

特にビタミンAは妊娠されている方は注意が必要です。ビタミンAが多く含まれているのはレバーなどの肝臓部分の肉や海藻類などです。

最近ではサプリメントを服用されている方も多いと思いますが、ビタミンAの過剰摂取は妊娠されている子供の発達障害に最悪なる場合があります。

できるだけビタミンAは取らないようにしましょう。

またアルコールなどはもちろん厳禁ですがカフェインのとりすぎにも注意してください。

コーヒーやココアなどはもちろん緑茶や抹茶にも含まれていますから。

妊娠中は食べるのを我慢した方が良い食材

妊娠中は、生物には注意した方が良いです。特に生肉…中まで良く火が通っていないお肉には注意してください。O-157など赤ちゃんへの影響はわかりませんが薬などを飲めない妊婦さんは口にしない方が良いと思います。

また、マグロもあまり好ましくないと聞いたことがあります。

マグロには、わずかだが水銀が含まれておりお腹の赤ちゃんへの影響を与える可能性もあるときいたことがあります。

そして、生卵です。

卵のからには菌が付着していることがあるそうなので、必ず火を通して食べられた方が良いと思います。

私が知っているのはこれくらいですが、赤ちゃんのため、自分の為妊娠中は生物は控えられた方がよいかと思います。

ちなみに、生ハムなども好ましくないです。

妊娠中に食べてはいけないもの

私が妊娠中に食べないようにと言われたのは、レアステーキや生ハムなど、しっかり火の通っていない生肉です。

あとは、ナチュラルチーズも食べないようにと言われていました。

生肉にはトキソプラズマに感染する恐れがあるそうです。

妊娠中に初めてトキソプラズマに感染にすると、胎盤を通して赤ちゃんにも感染し、障害が出たり、子宮内で赤ちゃんが死亡してしまうこともあるそうです。

ナチュラルチーズには、リステリア菌による食中毒の可能性があるそうです。

まだ日本ではリステリアの食中毒は起こってないそうですが、こちらも妊娠中にかかってしまうと赤ちゃんにも影響があるそうで、子宮内で死亡してしまったり、流産や早産になってしまうこともあるそうです。

ストレスに感じない程度に控えてほしいっ!

妊娠中は色々食事が気になると思いますが、殆どが摂取し過ぎを注意しているので食べたら絶対危ないと言うわけではないと思いますが、なるべく控えてほしいと思うのが、水銀を多く含む食材で、「マグロ類の料理や加工品、金目鯛などの深海魚」サルモネラ菌感染「生卵」、トキソプラズマ感染として加熱不十分な「レア焼き肉、生ハム、ユッケ、レバ刺し」リステニア食虫「ナチュラルチーズ、未殺菌乳の乳製品、生ハムなどの食肉加工品、スモークサーモンなどの魚介加工品」、胎児の甲状腺機能低下となるヨウ素を含む「ひじき、昆布、わかめ、のり」、胎児の成長障害や奇形をおこすとされるビタミンA「レバー、鰻、鮎、ホタルイカ」です。

あとは、スパイス類で子宮収縮に繋がりやすいのが「シナモン、ウコン、タイム、セージ、バジル、ナツメグ、」

飲み物では、カフェインの大量の摂取は気をつけるようにとよく言われています。

妊娠初期などは体調によって食べられるものも限られてしまったらするので、あまり意識しすぎるとプラスでストレスになるので食べ物の心配よりもストレスフリーの環境に自分を置く事も必要だと思います。

妊婦にとって納豆とチーズは気をつけるべき食材

私はつわりがひどく納豆しか食べられないじきがありました。

朝、昼、晩、納豆1パックずつ1日3パックを食べていたのですが、担当医から「納豆は1日2パックまでにしてください。

イソフラボンを過剰摂取すると奇形児になる可能性が高くなります。」と言われて慌てて1日1パックに減らしました。

また、私はチーズが好きだったのですが、プロセスチーズなどは大丈夫ですが、ナチュラルチーズは摂らない方が良いそうです。

ナチュラルチーズにはリステリア菌が含まれていて、妊婦が感染するとインフルエンザに似た症状が出るそうです。

胎児も早産や流産の確率が高くなると言われました。パスタが好きでしたが、モッツアレラやカマンベール、ゴルゴンゾーラなどが入ったソースは避けるように気をつけました。

お腹の赤ちゃんに冷えは厳禁!体を冷やすものは食べちゃダメ!

秋ナスは嫁に食わすなという言葉があります。

これは意地悪な夫や姑さんが言っているわけではなくナスは体を冷やす作用があるからです。

妊娠中に体の冷えは大敵です。

体が冷えは内臓の冷えに繋がります。当然お腹の中にいる赤ちゃんの羊水も冷えてしまい、悪影響です。

つまり体を冷やす食べ物は妊娠中は食べてはいけません。

野菜中心の生活を心がけるようにとお医者さんは言うかもしれませんが野菜の効能をよく知って食べる事が大切です。

レタス、トマト、もやし等体を冷やす野菜を生食で食べる事は控えましょう。

加熱をすれば大丈夫なものもあります。

みかんやスイカ等も体を冷やす作用があります。

しかしすっきりした味で食べやすく、栄養もあります。

そこで食べる場合には果物を食べた後に温かいものを摂り、体を冷やさないようにすることをお勧めします。

暴飲暴食はやめましょう!酔っぱらうほど飲んではいけません

特に「これはダメ!」というものはありませんが、自分の体のことを最優先に考えて食事をしましょう。

暴飲暴食は、やめましょう。酔っぱらうほどお酒を飲んではいけません。生の肉などもやめておくのが良いでしょう。

生野菜を大量にとか、消化に悪いモノも、やめましょう。

体に優しい食事をしましょう。妊娠していると、便秘気味になりやすいので、食物繊維を多く取り入れ、きちんとした便通を心がけましょう。

お腹が大きくなってきてからの、便秘はなかなかつらいものがあります。いきむことで子宮に負担をかけたりしますので、注意しましょう。

野菜の煮物や、ヨーグルトなどで、お腹の調子を整えましょう。飲みすぎ、食べすぎに、注意していれば、大丈夫です。

好きな物が食べられない!

初めての妊娠で診察に行くと気をつけてほしい事をお医者さんが丁寧に教えてくれました。

妊娠初期は激しい運動を控える事、タバコやお酒は絶対厳禁、市販の風邪薬等は服用してはいけない、気をつける事はたくさんあるけれど、全ては赤ちゃんを守るためなのでしっかりと注意点を理解して体を管理しようと決意しました。

食に関しても控えなければいけない物がたくさんあり、1番驚いたのが生ものは厳禁と告げられた事です。お刺身やお寿司が大好きだったので、妊娠している間の約10ヶ月も食べられないなんて私には考えられませんでした。

食べる事が私自身のストレス発散方法でもあったので、好きな物を我慢するのは大変だろうと思っていました。

ですが、何故ダメなのか、全て赤ちゃんの為なのです。妊娠していると免疫力が低下し、食中毒にもなりやすくなり、そうすると流産の危険度も高まったり、赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性もあることから生ものは妊娠だめなのだそうで、大好きなお刺身も赤ちゃんの為ならばと私は我慢できました。

赤ちゃんと無事に会えた後、思う存分お寿司を食べ、妊娠前の体型に戻すのに苦労しました。

以外に多い妊娠中に避けたい食材

妊娠中に食べると感染症などの病気にかかる恐れのある食材があります。

感染症の1つに、リステリア食中毒があります。感染してしまうと高熱を伴い、最悪の場合流産や早産になる可能性があります。

注意すべき食材としては、魚介類加工品であるスモークサーモンや、加熱加工していない乳製品などがあげられます。

またマグロ類は、水銀を含んでいる可能性が高いため、注意が必要です。他にもキンメダイなどの深海魚も水銀を含んでいるとされています。

魚介類に関しては、妊娠中は生で食べない方が良いと思います。加熱をしてからなら、特に問題はないかと思います。

また、ターメリックやナツメグなどのスパイス類は、子宮を収縮させる恐れがあるので避けた方が良いです。

カフェインが含まれるものなどが代表的

妊婦が控えた方がいい食品で代表的なものは、カフェインが含まれるものやアルコール類です。コーヒーやお菓子だとチョコレートなんかも控えた方がいいです。

チョコレートは糖分もたくさん含まれているので、妊娠すると体質が代わり、糖の分解があまりできなくなって、尿に糖が出やすくなるので、糖分がたくさん含まれた食品も控えた方がいいです。

生ものも、マグロなどの大型の魚には水銀が多く含まれているため、1日にどのくらいならいいなどの指導が産院によってされるかと思います。

妊婦が気をつけるべき食べ物はかなりたくさんありますが、どれも適度にバランスよく食べれば問題ないようなので、ストレスにもなりますから、あまりそこまできちっと食べないと決めなくても大丈夫だと思います。
⇓  ⇓  ⇓
葉酸サプリランキング2018年

-妊娠中

Copyright© 綺麗美 , 2020 All Rights Reserved.