美を追求する情報を掲載しています

綺麗美

Uncategorized

乳酸菌の効果効能

投稿日:

乳酸菌は身体の救世主善玉菌

巷では、乳酸菌は腸を整える善玉菌と言われ、多くの方が接種していますが、何と腸の調子を整えるだけでなく、人体の病気や全身の調子をも改善出来る事をご存知の方は余り多く無い様です。

そう、善玉菌は大変なパワ-を持っているのです。まずは皆さんご存知の便通の促進、改善効果があげられます。便秘の腸内はウォルシュ菌などの悪玉菌が大きく巾を利かせている状態です。

この悪の一大勢力に加わるのが日和見菌で、腸内の食べ物のカスなどの残留物を腐敗させ、腸内をアルカリ性にしてしまいます。

結果、大腸のぜん動運動は力を失い、便の搬送力を極端に弱めてしまうのです。さらに怖い事に、便の腐敗の進行により腸内のアルカリ性の比率がさらに高まってしまうという恐ろしい悪循環が待ち受けているのです。こうなったらもう、便秘の苦しみに苛まされてしまうのです。

ならば、救世主、善玉菌に戦ってもらいましょう。近年の研究では、胃酸で消化、分解され死滅した乳酸菌の菌体成分(死骸ですが死してまだ魂捨てずみたいな強い身方です)は大腸内で善玉菌を多いに手助けすると言うデ-タが在ります。

ならば答えは簡単、発酵食品のヨ-グルトなどや、乳酸菌やビフィズス菌がたっぷり入った健康食品を摂取して善玉菌勢力を強くし、悪玉菌をやっつければ良いのです。

これを勧善懲悪と言い、便通の促進、改善効果の有る善玉菌に「控えおろう」と悪玉菌に対しての勝利宣言を出させるです。

(笑)助人にオリゴ糖や食物繊維を取れば、善玉菌の糧になり、善玉菌は勢力拡大を図れるのです。大腸内の腸内細菌叢(俗にいう腸内フロ-ラ)でビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌が優勢になると、腸内を弱酸性にする乳酸や酢酸などの有機酸を作り出します。

これらの酸は大腸の内壁を刺激し、繊毛運動の活性化を計り、その結果すっきりとした排便を促進してくれるのです。苦しい便秘に成らない為にも善玉菌に活躍の場を与える事が大事なのです。

今日も元気だ、働くぞ! 善玉菌で免疫力アップ中

さて、腸内が酸性になりお通じが良くなりました。しかし、善玉菌の活躍はまだまだ続きます。小腸の内壁に隙間無く有る突起(絨毛)の隙間にバイエル板が有り、これが異物を感知する役割をしております。ウイルスや細菌を感知するとリンパ球を分泌させて異物を排泄に導くのです。このバイエル板の働きを活性化させるのが善玉菌なのです。

結果、ウイルスや細菌への抵抗力が高まります。マウスを使った実験では、無菌マウスに腸内細菌を植え付けると免疫システムが働き出すと言う結果を得る事が出来ました。又、高齢者での臨床試験においては、本物のヨ-グルトと偽物のヨ-グルトを一ヶ月ずつ接種して貰った結果、本物を接種したグル‐プのみ免疫細胞が活性化したと言う報告も有りました。

何せ善玉菌が活躍している腸に集結している免疫細胞は全身の六割から七割も有り、これらの細胞がその人の免疫力、(すなわち生命力と言い換えても過言ではない力)を発揮しているのです。御陰様で病気に成りにくく疲れも取れやすい体を手に入れる事が出来るのです。それに加え、細胞の新陳代謝も良くなり老化も進みづらくなり、願ったり叶ったりの状態を私達に与えてくれるのです。

インフルエンザも何のその

インフルエンザで考えると、体内に免疫力が活性化している時は発症しにくく、もし発症しても症状はたいした事無く済んだと言う話を耳にします。腸内環境が整い善玉菌優位に保たれた身体は、ほとんどが健康で免疫力に優れています。

そんな身体を手に入れる為に、ビフィズス菌や乳酸菌を接種し、インフルエンザ予防に備える人が増加傾向にあります。乳酸菌シロタ株(ヤクルト社)やL-92乳酸菌(カルピス社)はインフルエンザ予防効果が、当該社研究結果(科学的実証は無し)として発表されています。
!

アトピ-、花粉症、アレルギ-、善玉菌が相手を致す!

腸内環境を整える腸内細菌、特に善玉菌の活躍に寄り、ヘルパ-T細胞(Th1とTh2の二種類の免疫細胞)のTh2の働きのコントロ-ルによりアレルギ-になりにくい状態を作る事で、アトピ-性皮膚炎の改善につなげられないかとの取り組みも考えられます。

フィンランドの大学では2グル-プのアトピ-症状を持つ妊産婦に乳酸菌LGG菌(ラクトバチルス・ラムノサス・GG株)を一方のグル-プに、もう一方には偽薬(LGG菌と見せかけた偽物)を投与し出産後の乳児の観察をしたところ、偽薬を投与したグル-プの子供46%に対しLGG菌を投与したグル-プの子供は何と半数の23%しかアトピ-を発症しませんでした。

さらにこのLGG菌を子供達に摂取させたところ、多くの子供がアトピ-症状に改善が有ったと言う結果が報告されました。アトピ-性皮膚炎の改善には善玉菌優位の腸内環境と正常な免疫システムに加えLGG菌の摂取に大きな期待が寄せられるところです。

LGG菌ばかりが善玉菌では無いぞと名乗りを上げるのはBB536株(ビフィズス菌)で、日本人の2500万人(5人に一人の割合)を悩ませているアレルギ-症状、花粉症に効果がある事が、研究機関の実験で実証されました。40人の花粉症患者を2グル-プに分け、二週間、BB536入りヨ-グルトと入っていないヨ-グルトを摂取して貰った結果、BB536株は見事に活躍し、すべての症状の改善を果たしたのです。

他の善玉菌も花粉症には貢献してくれています。乳酸菌や腸内細菌に関した「大便通」の著者、辨野義己先生(農学博士)は、花粉症を「ビフィズス菌減少症」と考察しております。今現在、花粉症では無い方も、何時いきなり発症するか判ら無いのです。

杉や檜などの花粉(何の罪も無いのに花粉症の人々に忌み嫌われる可哀想な原因物質)に免疫システムが過剰反応し、不快な目のかゆみや鼻水、くしゃみを引き起こされた時には、腸内環境を改善し免疫システムのバランスを整えてBB536株やビフィズス菌入りのヨ-グルトを食べてつらい花粉症を少しでも軽くして、乗り切って下さいね。

最強! 善玉菌とヨ-グルト

さらに出血大サ-ビスで、高血圧まで予防出来てしまう特典がもれなく付いてくるのです。多くは、長年の生活習慣によって引き起こされる高血圧で、運動不足、野菜不足や塩分、脂肪分の過剰摂取はすぐに高血圧予備軍に入隊資格を貰えてしまいますからご用心下さい。

自覚症状無く忍び寄って来て、動脈硬化や心筋梗塞、脳卒中などの大病に引きずり込もうとしています。しかし、高血圧にはラクトトリペプチド(牛乳に含まれるタンパク質、カゼインを乳酸菌が分解した物)と言う天敵が存在するのです。トクホ(特定保健用食品)認定の成分ラクトトリペプチドは酵素の働きを抑え血圧を下げたり、傷ついた血管を修復し弾力を取り戻すなど我らの強い身方なのです。

腸内のコレステロ-ルの50%を吸収されにくいコプロスタノ-ルと言う物質に分解してくれるのがビフィズス菌です。ラットの実験では高コレステロ-ルの餌を与えておき、乳酸菌を片方だけに餌とともに与えたのです。二週間経過し結果はやはり乳酸菌を投与されたラットの血中コレステロ-ルが低く抑えられました。

細胞膜やホルモンの材料となるコレステロ-ル自体は無くてはならない物ですが、血中の悪玉コレステロ-ルの過剰増加は血管の内壁を損傷させ、動脈硬化や心筋梗塞、脳卒中のリスクをも増加させます。ビフィズス菌の他にも、適度な運動や、食生活を見直して、コレステロ-ルを此れ捨てろ---!(字足らず)

良い腸内環境はガンも遠ざける。

食生活と言えば近年、欧米化が進み発酵食品や野菜を豊富に使った和食から肉やソ-セ-ジ、ハムと言った動物性タンパク質の食事に取って代わって来ました。

和食の乳酸菌は腸内で乳酸を作り出し、善玉菌の働きを促進し悪玉菌の増殖を抑制しますし食物繊維は餌として善玉菌の増殖を助け、悪玉菌を便と共に体外へ排泄する作用をしましたが、動物性タンパク質は悪玉菌の増殖を促します。

その結果、2015年にはガンによる部位別死者数で女性の第1位が大腸ガンで、男性では第3位に食い込みました。悪玉菌のウォルシュ菌が動物性タンパク質を分解し発がん性物質ニトロソアミンを作り出します。

さらに肉を取りすぎると肝臓から分泌される胆汁酸を悪玉菌は大腸ガンを促進させる二次胆汁酸に変化させ我々の身体を脅かすのです。私達の体内で一日に5000個生まれるガン細胞はナチュラルキラ-細胞に生まれた瞬間に退治されるのですが、それは免疫機能が正常に働いていればの話なのです。ならばやはり善玉菌に活躍して貰い腸内環境を整えて貰っていなければガンへの不安は募るばかりなのです。

口の中にも善玉菌。

善玉菌の活躍は腸を出て新たな戦場へと向かいます。ジンジバリス菌(悪玉菌)は口内で歯と歯茎の間の食べカスを餌に増殖が繰り返し行われ、歯周病を誘発したり、あごの骨を溶かしたりし、メタンや硫化水素を発生させ腐敗臭漂う口臭の原因を作ります。これに対決するにはやはり正義の味方善玉菌の出番です。乳酸菌が作り出す、乳酸により口内は酸性を保持し、ジンジバリス菌の弱体化により口臭は予防されるのです。

如何に菌活が大事かはもう説明の必要は無いはずです。まだまだこれから色々な善玉菌の活躍が明るみに出てくると思われますので新事実をお楽しみにしていて下さいませ。

-Uncategorized

Copyright© 綺麗美 , 2019 All Rights Reserved.