美を追求する情報を掲載しています

綺麗美

Uncategorized

腰痛の治し方や予防法や対策をクラウドワークスのアンケートで聞きました

投稿日:

腰痛の治し方や予防法や対策

自分に合う腰痛改善法

腰痛はさまざまな原因があると言われていますが、姿勢が悪かったり、筋力が不足してしまったりしておこります。

腰痛を治したいのであれば、常に姿勢に気をつけ、重いものを持たないようにすると効果的です。私の場合は以前空手をやっていた事もあり、その時にしていた無理な姿勢でよく腰痛になりました。

腰痛になってしまったのであれば私は早めに湿布を貼り、姿勢がよく傾く自覚があるので、姿勢を気をつけて慢性化しない様にしています。

慢性化してしまったのであれば病院へ行き、痛みの原因を調べてもらった上で治療をするのもいいと思います。

自分でやれる事としては、水中でウォーキングして柔軟性を鍛え、腰痛体操などをするのも効果的です。

あまりにひどい時はお医者様に相談して、自分にあった運動を取り入れるといいです。

日頃からストレッチを心がける

腰痛になりやすい人ともともとなりにくい人がいると思います。身体の硬い人は柔らかい人に比べて腰痛になりやすい傾向にあると思います。なので、腰痛を予防するためには日頃からストレッチをすることを心がけています。また、ストレッチ前にもジョギングをして身体を温めてからすることで効果も倍増する気がします。

腰痛は同じ姿勢でいたり、座り続けるのも腰痛を悪化させる原因にもなるので、なるべく同じ姿勢で座り続けないようにしています。座る時もドーナツクッションなどをして腰に負担がかからないようにしたり、1時間に1回は身体を動かすようにして筋肉が固まらないようにしています。疲れがたまっていると感じる時はマッサージに行ったりしながら予防しています。

腰痛ストレッチで予防する

即効性のある腰痛ストレッチ体操を行うと、腰痛の予防になります。これは大腰筋の体操で、腰椎から腿の内側まで骨盤を横断して繋がっている筋肉です。

この大腰筋が凝ってくると、腰痛や関節痛の痛みの原因になりやすいです。大腰筋を緩めると腰痛が大幅に改善され、簡単であるとので試すと良いです。

やり方は、つま先を反って脚を捻り反る力と捩じる力をキープします。3秒溜めてポコーンと力を抜いて、つま先を反らせる時につま先を伸ばす事で大腰筋は緩まります。

つま先を伸ばす事で、背中がつってしまう人は無理に伸ばす必要はないです。反らしても伸ばしてもどちらにしても背中がつる人は、普通にねじらせるだけにします。

右と左の脚両方とも同じ回数を行う必要はなく、回数は飽きるまで行います。

日頃からの柔軟性が大切なんです

私は 高校生の時にギックリ腰を経験しました。這いつくばってトイレに行くのも苦痛でただただ横になって治しました。

特に右側の腰の痛みが強かったのですが、それから腰痛に悩まされてきました。

ギックリ腰までとはいきませんが、忘れた頃に急に始まり原因が何かもわかりませんでした。毎月の様に悩まされていました。

なってしまった時には コルセットをし、床にそのまま寝ます。ベッドなど柔らかいと逆に治りが遅いと感じたので。

最初は、ダイエットのためでしたがストレッチとコアリズムという10年ほど前に流行ったエクササイズを当時やり始めたんです。

それから腰痛に悩まされることはなくなったので 腰を意識的に動かすことがプラスに働いているのだと思っています。

自己流の腰痛軽減法!

重いものを持ったり運んだりといった動作が多くて発症した腰痛の緩和法です。

一度痛くなると、その後の動作は警戒しながらになっちゃいますよね。

その警戒しながらの動き方って、緊張で身体に力が入りながらになっちゃうので、筋肉が固まってしまうんです。

だから、元の腰痛に筋肉の痛みが追加されてしまいます。

腰への負担軽減のために、骨盤ベルトなどのサポート器具をしようしながら、同時に簡単なストレッチなどで筋肉をほぐすと良いですよ。

ストレッチといっても、腰にとって無理は禁物なのでつらいものではなく、仰向けになって、膝を立てて、ゆっくりと左右に傾けるだけです。

これをやるだけでも違ってきますよ。腰痛ストレッチをやる際に重要なことは、筋肉をリラックスさせることです。なので気持ちが良いですよ。

朝起きるときに一度伸びをする

私が行なっている予防方法は、朝起きるときに一度伸びをし今から体を動かすよと思ってから、体を動かすのが一日の始まりです。

ガバッと起きたりすると体もまだ寝ているので動かすのも体が重い感じがするが、体に声を掛けてから起きるのではスッキリ差も違う。

重い荷物を持たないといけない時などに関しても!体に今から待つよと声を掛けて腰を落としてから待つ事を意識して行なっている。

日頃の行なっているもう一つがヨガで、私は最初効き目がないのではないかと思っていて信じていなかったし、実際やってみてもいなかったのですが、腰痛に効く(予防できる)事を調べてたところ体幹トレーニングが必要だと言う答えにたどりつきました。

しかし、キツイのは絶対続けられないし、続けられる簡単な事は何だろうかと調べていたところ長友選手のヨガ友を書店で見かけたので、手に取り見たら、長友選手も腰痛が改善して選手としても良いパーマンスが出るようになったとの事だったので、「クワガタのポーズ」を信じてやってみたところ、効き目を感じている。

あんなポーズでと思うかもしれないが簡単なので是非試してみてください。

私の腰痛の治しかた

腰痛とぎっくり腰とは違います。若いころに腰を痛めるのはぎっくり腰が多いですね。これは3日間くらい安静にしていれば自然に治ります。

腰痛はある程度年を取って筋力が衰えたことにより起こるものです。よく朝起きた時に腰痛が起こることがあります。

これは寝ているときにあまり寝返りを打たないと、腰の筋肉が固まって鉄板みたいになってしまうのです。

そこで適当な寝返りが必要ですね。朝はいきなり起きないでゆっくり起きることです。また固まった腰の筋肉を曲げるとき、歯を磨いたり顔を洗う時に腰を曲げますね。これも急にやると腰痛につながります。

そこで朝起きた時に腰の体操をやることです。ストレッチもいいですね。ラジオ体操でもやれば大分違います。要は準備運動です。

後は予防としては腰痛体操をやることです。これはインターネットでも掲載されています。これを印刷して置き、それを見ながら体操をすることです。接骨院でもこの体操のコピーをもらうことができます。この体操も朝顔を洗うのと同じようにやることです。

後は腰痛は加齢による筋力の衰えですから、筋力を鍛えることです。一番手軽なのは歩くことです。これには散歩がいいですね。歳は足腰からくるものです。歩くことは全身運動です。

年を取ったら、そんなに一生懸命に歩く必要はありません。ぶらぶら散歩でも十分です。なるべく登りがあった方がいいですね。目安は1日1万歩が理想ですが、まあ5千歩前後でもいいと思います。

ギックリ腰になっても動かす

ギックリ腰になっても、積極的に動かして恐怖心をコントロールする事が重要です。

ギックリ腰は安静でいる方が良いと思い込んでいる人が多いが、痛みがあっても出来るだけ動く事で活動的に過ごす事が大切です。

痛みの範囲内でなるべく普段通りに過ごす事で、腰痛が発症した後も腰痛が持続しないで仕事への支障や欠勤日数が最も少なく済んでいます。

もちろん医師の処方に従い、痛み止めや抗炎症剤はきちんと服用する事は前提です。

ギックリ腰は3か月もあれば痛みが消えていくが、3か月も過ぎても腰痛が治らないのは恐怖心が刷り込まれているためです。

身体が硬くなってしまい、痛み過敏の傾向が強まってしまいます。

恐怖回避思考のウイルスに感染している可能性が高く、慢性的な腰痛は自分自身が引き起こしています。これから抜け出すには、腰を動かす事です。

毎日のケアとリラックスが重要!

運送業の仕事でぎっくり腰になったのを期に腰痛が悪化し日々腰のケアをすることになりました。

個人的に痛みが和らぎ、日々の仕事中には腰痛がほぼ気にならない程度になったので、ここで腰痛の予防やケアについてお話したいと思います。

まず毎朝バスクリンのきき湯(炭酸系の入浴剤)を入れた湯船に20分位浸かり冷えた腰を指でほぐし、そして風呂上がりに痛みの出る部分にバンテリンの塗り薬を塗ってその上から腰痛予防コルセットを巻いて出勤、帰宅したら朝と同じ方法で入浴し風呂上がりに床に仰向けに寝て、腰に水の入った2L入りのペットボトルを差し込んで腰を反らせるようにしてそのまま20分、仕事で硬くなった腰をほぐす感じでストレッチをして就寝、仕事の有る日は毎日続けています。

プラスαで休日にスーパー銭湯などに行って、心からリラックスすることで身体の緊張が解けて、突然のぎっくり腰を防ぐ事も試してみるのもおすすめです。

腰痛の予防には、年齢とともに減っていく筋肉を、増やすことが大事

腰痛はいろいろな原因からおきますので、何が原因かは、きちんと医者に行って確かめることが必要だと思います。

病気が原因でない腰痛の予防には、腰に負担がかからないように、体の筋肉を鍛えることが重要です。

何もしないと、年齢とともに筋肉はどんどん減少していきます。いろいろな日常の動作が、腰に負担をかけていきます。

筋肉を増やすために、栄養に気をつけ、タンパク質をしっかりとり、運動をしましょう。

「筋力トレーニング」をしてくれるところに通うのが一番良いのですが、今では腰痛予防体操などもありますので、自分でやってみることもできます。

しかし、自分一人でやっていると、続かないものですので、きちんとトレーニングの出来るところへ通うほうが、ずっと続けられるかもしれません。

腰痛は暮らしていくうえで、ネックになりますので、痛くならないうちに、予防していきましょう。
⇓  ⇓  ⇓
葉酸サプリランキング

-Uncategorized

Copyright© 綺麗美 , 2020 All Rights Reserved.